鼻の頂点に大きな毛穴詰まり!乾燥と皮脂は仲が良い?

      2016/04/13

乾燥

鼻の毛穴を本気でキレイにする気がある人だけ読んでください。

鼻の頂点に大きな毛穴詰まりができる原因の1つとして、肌の乾燥があげられます。

「毛穴詰まりと乾燥、なんの関係が……?」と思うかもしれませんが、実は密接な関係があります。それを知るには、肌本来の働きを理解することが重要です。これから順番良く話していきますね!

 

鼻の頂点にある大きな毛穴詰まりを改善するには?

脂性肌ではなく乾燥肌が多い

「私は脂性だから」と思っている人の中に、実は気づいていないだけで乾燥肌な人がいます。乾燥しているから、皮脂を出すのです。

だからこそ、皮脂の取りすぎはNG。

皮脂は肌の水分蒸発・紫外線やホコリからの刺激を防ぐ役割があり、とても重要です。「テカテカして恥ずかしい」という理由で取りすぎると、バリアとして機能しなくなります。

今ここで注目してほしいのは、皮脂には水分の蒸発を防ぐ役割があること。

勘の良いあなたはお気づきでしょう。そうです、「乾燥しているから皮脂を出して水分蒸発を防ごう」とするのです。

 

皮脂を取り過ぎない

あぶらとり紙や洗顔で顔の脂を取り除いたあと、「さっきよりテカテカになった。。」という経験ありませんか?あれこそ「これ以上、乾燥させないぞ!」という肌の正常な機能。あなたは身をもって体験していますね。

肌がカサカサになるほど皮脂を取りのぞいてしまうと、乾燥を防ごうと皮脂を分泌します。あまりにも乾燥がヒドイと皮脂分泌が過剰になることも。。

大量の皮脂が毛穴にたまった古い角質と混ざり合うと、鼻に大きな毛穴詰まりを作ってしまいます。

一度、毛穴に詰まりができてしまうと、毛穴から皮脂を外にだすことができず奥でたまり、詰まりがどんどん大きくなっていきます。毛穴に詰まっているものが大きくなっていくワケですから、もちろん毛穴も自然と大きくなっていきます。

鼻の汚れが目立つだけでタメ息がでるのに、毛穴も大きくなるなんて悲鳴が出そうですよね。

これを防ぐには、保湿を徹底するしかありません。皮脂を過剰に取りのぞくことをやめ、保湿をしっかり行いましょう。

あぶらとり紙や洗顔は適度に正しく行うことも大事ですが、「少しくらいのテカテカは気にしない」という気持ちも大切です。「皮脂は肌のバリア機能を担っているんだ!」という意識を持っておくと、「取りすぎるとモッタイナイかも」と思えるかもしれませんね(笑)

 

鼻に毛穴詰まりが出来てしまったら……?

鼻の頂点に毛穴が詰まりだしたら、クレンジングでお手入れしましょう。鼻の毛穴詰まりは強引に落とすのではなく、優しく洗い流す方が肌への刺激が少ないです。

刺激レスで鼻のお手入れをする!

 - 黒ずみ